京大本部前の労働争議

2009年7月 4日(土) 12:35 | 日記


5月の日記でも触れた、京都大学の非常勤職員の組合「ユニオンエクスタシー」の座り込みによる抗議行動が、本部の時計台前で今日も続けられていました。

労働者に常勤と非常勤の区別なんてありません。僕も労働者のひとりとして、皆さんの労働が正当な対価によって評価され、不当に解雇されないことを望みます。
そして、前にも書きましたが、労働争議は本来、もっとカジュアルなものであるべきだと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。