ネットラジオの収益源とは

2009年5月11日(月) 23:32 | 音楽

僕の好きなネットラジオに「Fail's Audio Workshop v3.9」というのがあります。このラジオは、XelaとかLacklusterのような、ゆったりとした良質なエレクトロニカを聴かせてくれます。
さっきひさしぶりに聴いてみようと思ってWinampを開いてみたら、ラジオのタイトルが変わっていました。
新しいタイトルは「Fail's Audio Workshop v4.0」。
3.9が4.0になりましたが、どこがどう変わったのかは分かりません。以前と同じような選曲です。

それにしても不思議に思うのが、ここのネットラジオの収益源が何かということです。
SomaFMというラジオの場合は、主にユーザーからの寄付金で運営されているほか、ホームページにはアマゾンへのアフィリエイトリンクが貼られていて、そこからの収益もあるみたいです。他のラジオも、だいたいそんな感じだと思われます。
ところが、Fail's Audio Workshop v3.9改めv4.0は、どうやらホームページもないみたいなんですよね。Shoutcastなどのリンクで存在を確認できるだけで。
検索すると「fragmaster.net」というサイトが上位にヒットするのですが、これもラジオとは直接関係がなさそうですし。
するとこのラジオ、どこから収益を得ているのでしょうか。
いくらリスナー数がSomaFMなどに比べて桁違いに少ないとはいえ、サーバーを運営するだけでもコストはかかるはず。少なくとも、サーバーの費用は何かの形でまかなわれないと、ラジオの運用は不可能です。
もしかしたら、レコード会社あるいはミュージシャン本人が、プロモーションの一環としてラジオにお金を出して、曲をかけてもらっているのでしょうか。確かに、僕もこのラジオを聴いて曲を気に入って、CDを買ったことはあります。でも、そんなまわりくどいうえに確実性の低いPRをわざわざレコード会社がやるとは思えません。

いったい、このラジオの収益源は何なのでしょうか。誰がこのラジオを運営しているのでしょうか。気になります。

Fail's Audio Workshop v4.0(聴くにはWinampが必要です)

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。