3人しか増えないんだ

2009年3月27日(金) 01:25 | アイドル

idoling090326.jpg
きのう地上波のフジテレビで放送された「アイドリング!!!卒業ライブ」を、さっきビデオで見たところです。
あらためて見てみると、楽曲がいいですねアイドリング!!!って。持ち歌はそんなに多くないですが、ひとつひとつのクオリティがけっこう高いと思いました。
写真は、上の右が6号の外岡えりかさん、中央が卒業した1号の加藤沙耶香さん、左が12号の「うめ子」こと河村唯さん。下の右のメガネの人が卒業した4号の江渡万里彩さんで、左が「侍戦隊シンケンジャー」のイエロー役で出演中の、11号の「すぅちゃん」こと森田涼花さんです。

番組の最後に、3期生加入の告知がありました。増えるのは19号から21号の3人だけなんですね。
また8人ぐらい増えるかと思って期待したのに。8人が無理ならせめて、「職業:アイドル。」という曲の歌詞に出てくる「私たち17人おんなじ夢で進め」という歌詞に合わせて、5人増やして17人にしてほしかったなぁ。

放送回数が減ることもそうですが、やっぱり厳しいんでしょうねお金が。きっとこの1年間、17人にギャランティを支払うのはつらかったと思います。CDやDVDの売り上げ、ファンクラブの会費で回収できた金額も限定的でしょうし、有料ライブもほとんど開催しなかったですし。初期の9人だった頃はそれでもよかったのかもしれませんが、人数が倍に増えて、しかも突然とんでもない不景気になって、売り上げまで「慣らし運転」を続けていられる余裕がなくなってしまったんでしょうね。
「アイドリング!!!」はもともと、F1中継や「ゲームセンターCX」ほどCS加入のキラーコンテンツとしては強くなかったし、メンバーが9人から17人に増えてもあまり状況が変わらなかったのでしょう。メンバーが増えてもCSの加入者が増えないとすれば、いたずらに人数を増やしてもフジテレビ自身の首を絞めるだけでしょうし。
だからといって、小泉瑠美さんを含んだ5人が抜けたグループをそのままにするのもつらいところ。東京パフォーマンスドールのフロントメンバー7人みたいに「誰が抜けても困る」ほど完成度が高くなるとメンバーの入れ替えは難しいですが、歌やダンスの質をTPDと比較したら市井由理さんに怒られそうなアイドリング!!!の場合、やはり定期的にフレッシュなメンバーを迎えないと、飽きられてしまうでしょうから。

フジテレビと「アイドリング!!!」のスタッフにとっては、難しい決断だったと思います。
ただ、一視聴者の立場から言わせていただくと、「えー、3人しか増えないの? 残念だなぁ」という気持ちです。
でも、この不景気ですから、番組が続くことだけでもありがたいと思うべきなのでしょう。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。