格闘技を見に行きました

2009年3月 1日(日) 00:24 | 日記

CAGE FORCE
「CAGE FORCE」という格闘技の大会を見に、所沢市民体育館へ行きました。
会社の先輩が招待券を持っていて、自分は別に見に行きたくないからということで、僕のところにチケットが回ってきました。チケットは2枚あったので、プロレス好きの友人を連れて行きました。

格闘技を見に行くのは、2001年に愛知県体育館で行われた「DEEP2001」の第1回大会以来、8年ぶりです。そのときも、当時僕がDEEPの佐伯代表と関連が深い会社(というか、佐伯氏が社長を務めていた会社の親会社)に務めていた関係でチケットをただでもらったので、自分でお金を払ったわけではありません。

「CAGE FORCE」はK-1などと異なり、リングが八角形の金網で囲まれているのが特徴です。ルールは昔テレビでやっていたPRIDEみたいな感じです。たぶん。格闘技の知識がほとんどないので、あまり気の効いたことが書けなくてごめんなさい。
見たのは最後の4試合だけでしたが、メインイベントのライト級チャンピオンシップは見応えがありました。その他の試合は、派手な打ち合いやKOがなく、おたがい攻めあぐねている場面の多い、ある意味でガチの格闘技らしい試合でした。
席の位置が絶妙で、入場する選手を間近で見られました。退場のときは、目の前1メートルのところを選手が通りすぎていきました。

プロレス好きの友人に言わせると「この調子で第1試合から見続けるのはつらい」とのことでした。「格闘技が口げんかだとしたら、プロレスは漫才だ」。なるほど。確かに格闘技とプロレスは、見た目は似ていても、中身は全く異なるエンターテインメントですからね。新日本プロレスの永田克彦さんも出ていましたが、あまり見せ場は作れませんでしたし。ちなみに、永田さんの相手の選手のセコンドに秋山成勲さんがいたようです。友人が帰りにそう言ってました。格闘技に詳しくない僕は思いっきり見逃しました。
個人的には、プロレスのような様式美とは違う、格闘家たちが真剣に戦う姿はかっこいいと思いました。結果的にあまり動きのない試合になったとしても、緊張感は伝わってきますし。

あと、試合と関係ないところで気になったことがひとつ。
選手や試合の様子を撮影していたカメラマンのひとりが、アイドリングTシャツを着ていました。
背中には「MARIA 4」という文字。4号の江渡万里彩さんのファンなんでしょうね。僕も江渡ちゃんは大好きです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。