小谷美紗子さんのライブを見に行きました

2009年1月28日(水) 00:42 | 音楽

クラブクアトロの様子
過去には2007年10月に京都のボロフェスタで、2008年5月には大阪の春一番で小谷さんを見たことがありますが、ワンマンはこれが初めて。3人編成の「小谷美紗子Trio」を見るのも初めてです。
渋谷のクラブクアトロに集まったお客さんは、小谷さんと同年代か少し若いくらいの人が多く(蛇足ですが、僕も小谷さんと同学年です)、男女比はほぼ半々。僕と同じくスーツ姿の人もちらほらいました。

これまで小谷さんはピアノの弾き語りしか見たことがありませんでしたが、ベースとドラムが入ると迫力が違いますね。それでも小谷さんの声がどの楽器よりも力強く、僕の胸に響きました。
新しい曲から懐かしい曲、カバー曲に未発表曲と、いろいろな曲を聴かせてくれました。デビュー曲の「嘆きの雪」が生で聴けたのは感激。AZUMIさんという方の「ホワイトソング」という曲もよかった。忘れかけていた、誰かを愛するという感情を、少しだけ思い出した気がしました。
アンコールで歌ったのは、去年の春一番でも歌った曲でした。これってまだCDになってなかったんですね。大切な人のことを思う尊さをつづった、ものすごくいい曲です。

そんな、僕にとって今年初めてのライブでした。やっぱり小谷さんはいいなぁ。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。