電気の消費量が18%も増えた

2009年1月 2日(金) 22:52 | 日記

自宅にたまった書類を整理するついでに、過去の電気代とガス代の変遷を調べていました。2006年から領収書を取っておいたのは僕が几帳面だからではなく、単に今まで整理せずに放っておいただけのことです。

調べてみると、恐ろしい事実が判明しました。
2007年の1年間と比べて、2008年に使った電気の総量が、なんと18%も増えたのです。
06年から07年にかけては6%増加したのですが、そこからさらに18%も増えるなんて異常です。エアコンを使う時間がそれほど長くなったとは思えません。とすると、何がおととしと去年で変わったのでしょうか。
考えられるのは、2008年に入ってから、DVDレコーダーでテレビ番組を録画しまくるようになったこと。録画のときにハードディスクを回転させるのは、思った以上に電力を消費するのかもしれません。録画した番組をDVD-Rに書き込むときは、さらに電力を消費するんでしょうね。

「チーム・マイナス6%」とは逆を行く僕の生活。今年は不況の影響で、国内の二酸化炭素の排出量が少しは減るといいのですが。僕も電気をあまり消費しなくてすむように、エアコンを頻繁に使わないようにしたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。