紅白歌合戦の出場歌手って、いつ決まるものなんだろう

2008年11月25日(火) 23:46 | テレビ・芸能

今日、紅白歌合戦の出場歌手が発表となりました。
個人的には、紅白の歌手なんかより「オールザッツ漫才」の出場芸人を新聞紙上で発表(そしてもちろん関東でも放送)してもらいたいものですが、まあそれはいいとして。
僕が不思議だと思ったのは、初出場のPerfumeやいきものがかりのコメント。なんだか、出場決定の知らせをつい最近聞かされたという感じのコメントなんですよね(それにしても、あ~ちゃんのコメントはぐっときます)。
紅白に出るということは、少なくとも大晦日は丸一日拘束されるわけですし、その前には綿密なリハーサルもあるはずなので、かなり前からスケジュールを押さえておかなければいけないはず。

もうひとつ、紅白に関して「えっ?」と思ったのは、中川翔子さんのブログでの記述でした。
「また紅白で歌えたらいいすなぁ」
こんなふうに彼女が書いたのは、11月23日のこと。
もしすでに紅白出場が決まっていたとしたら、出演者の発表前にこんなことは書けないだろうし、逆に出場しないことが決まっていても、やはりこんなことは書かないはず。そもそも、紅白のような大きなイベントで、11月後半の段階で出演者が内定していないなんてありえないと思ったので、この時期にしょこたんが「紅白に出たい」と書いたことが、ものすごく不思議でした。
でも、今日のニュースを見ると、23日の段階では「本当に決まっていなかった」というのが真相のようですね。
もっと言えば、「出られるかもしれないし、出られないかもしれない」という状況だったということでしょうか。たとえば、別の出演者の「キャンセル待ち」という立場だったとか。

紅白みたいな大きなイベントの出演者は、最低でも2か月くらい前からガチガチに決まっているものだと思っていたら、案外そうでもないんですね。もちろん、歌手によっては何か月も前から出演が内定している人もいると思いますが、出られるかどうかの当落線上にいる人たちは、年末にスケジュールを入れることもできず、11月の終わりまでやきもきさせられるわけなんですね。
しょこたんのブログや今日のPerfumeのコメントを見て、意外な事実に驚かされました。

コメント

何かお達しがあるんじゃないですか?
どこから漏れるかわからないから、本人たちには前日まで教えてはいけないとか。
初出場の方のコメントに(どれも喜びに溢れた素敵なコメントでよかったですね)「さっき教えられて」みたいなのもあったし、初出場の人にはギリギリまで黙って驚かせる風習でもあるのかも(^-^;

きっと、そうなんでしょうね。
事務所の幹部には伝えてあるけれど、歌手本人や現場のマネージャーさんには「出られるかどうか分からないが、スケジュールは空けてある」と伝えておいて、発表ぎりぎりまで知らせない、とか。

逆に、今回出場しないしょこたんの場合は、出られないことが決まっていたのに本人に知らせず、直前まで期待だけ持たせた、ということでしょうか…。そこまでするのかなぁ。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。