15年ぶりに電気ポットを買い替えました

2008年11月10日(月) 02:11 | 日記

電気ポット
前に使っていた電気ポットは、僕が高校2年生だった1993年から、15年間使い続けたものです。
最初は実家の自室で、主にコーヒーを飲むために使っていました。その後、大学進学でポットとともに京都へ行きました。卒業後は再び実家の自室へ。その後、名古屋へポットとともに引っ越し。それからまた実家に戻って、そして3年前に東京へ。僕の人生のほぼ半分を、この電気ポットとともに過ごしてきました。
それほどヘビーに使っていたわけではありませんが、さすがに15年も使うと中身も汚れてきたので、冬を迎える前に買い替えることにしました。
写真は新しい電気ポットです。お湯が3リットル入ります。以前のものは2.2リットルでした。

ポットに限らず、妙に物持ちがよかったりします。
テレビは1年ほど前に地デジ対応の液晶に買い替えましたが、その前に使っていたのは1995年に買ったもの。今使っているFAX付きの電話機も1995年。その他、1998年に買ったビデオデッキやステレオが現役で動いています。
電化製品ではありませんが、1992年に買った本棚もわざわざ実家から持ってきて、使い続けています。
あとはバイク。1998年に買った1990年製のNSRは、今も元気に青梅街道や甲州街道を爆走しています。

「物を大切にする」といえば聞こえはいいですが、本当は「捨てたり買い替えたりするのが面倒だし、もったいない」というだけの、しみったれた人間です。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。