面白い日記を書くためには

2008年11月 1日(土) 01:13 | 日記

どうも、ごぶさたしております。
最近忙しくて、なかなか日記を書く時間が取れないフォーキーです。

日記に書きたいネタはそれなりにあるのですが、実際に書くとなると時間がかかるので、少し時間が空いたくらいでは、なかなか書くことに踏み切れないんですよね。
いちおうウェブ上に公開している日記だから、最低限の文章のクオリティは確保しないといけません。
ネタを紹介するのにも、普通にだらだらと書くだけでは不親切なので、つかみを工夫したり、どんなふうに締めたら面白いかを考えながら書いているつもりです。もちろん、書く前にある程度文章の構成を考えます。この「考える」という作業がなかなか大変なのです。
また、あまり説明的になりすぎると、文章の流れが悪くなって面白さがそぎ落とされてしまいます。だからといって説明を省くと、伝わるものも伝わらなくなります。どのくらい説明を入れるか、そこのバランスにもかなり気をつかいます。
いちおう、毎回これだけのことを心がけて日記を書いているつもりなのですが、じゃあ実際にこの日記が面白いかというと、決してそんなことはないわけで。

ネットで「面白いブログの書き方」を検索してみても、あまりピンとくるような情報はありませんでした。
あちこちで紹介されているテクニックとして「改行を効果的に使う」とか、「強調したい文字の色や大きさを変える」という方法もありますが、自分の日記ではそういったことをしないようにしています。長いこと活字の世界で生きているせいなのか、雑誌や書籍と同じような「飾り」のない文章で表現したいという、変なこだわりがあるので。

面白い日記を書くために最も必要なことは「面白いと思えるものに出会う」、これに尽きると思います。
そのためには、好奇心を持っていろいろなものに触れることが必要です。たとえば人と話したり、遊びに行ったり、イベントに参加したり。
もちろんただ触れるだけでなく、そこから何かを感じ取ることが重要です。何かに触れたときにそこから得られるものの大きさは、これまでに得た知識と過去の経験、そして好奇心、この3つの掛け算によって決まると思います。自分の場合、知識はそこそこ自信ありますが、経験がかなり乏しく、好奇心も20代前半の頃に比べるとずいぶん減退してしまいました。
この日記も、知識だけに頼っている部分があります。面白いものを見つけようという気持ちを常に持ち続けて、面白い経験を重ねていかないと、この先どんどん日記の中身がしょぼくなっていくと思います。
そしてこれは当然、日記だけに限った話ではありません。生きることすべてがそうです。経験を重ねていかないと、どんどん人間の中身がしょぼくなります。

…などと書いているうちにずいぶんと遅い時間になってしまいましたが、この話をどこに着地させるべきか分からなくなってしまいました。
面白い日記を書くためには好奇心を持つことも大切ですが、気の利いたことを短い時間で書くテクニックもほしいところです。

コメント

私は改行は読む側としてあったほうがいいかな、と思ったので使用しています。
パソコン、目が疲れるから。

そうですよね。確かに、以前書いた自分の文章を読んでも疲れます(笑)。
一回の日記の中にいろいろ詰め込もうとするあまり、文章が長くなるのもよくないなぁ、と。
見た目も内容も、分かりやすくなるように心がけたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。