トロ・ロッソとベッテルが初のポールポジション

2008年9月14日(日) 00:05 | スポーツ

イタリアGP予選インタビュー
モンツァの予選は雨でした。
天候の変化への対応がうまくいかなかったハミルトンとライコネンが、そろってQ2で落ちるという大波乱。マッサも6位止まり。上位チームではコバライネンがひとり気を吐いて2位でしたが、ポールポジションを獲得したのはなんとトロ・ロッソのベッテルでした。
さらに、チームメイトのブルデーも今期最高の予選4位。3位に入ったのはレッドブルのウェバー。晴れた日の予選では決して見られない、フレッシュな組み合わせとなりました。
トロ・ロッソがどこまで粘れるか。ハミルトンとライコネンがどこまで巻き返すか。明日の決勝が楽しみです。

雨といえば、先週のスパも面白かったですね。
最後の数周で突然大雨が降り出し、ライコネンがスピンしてリタイア。そのライコネンを、コーナーをショートカットして抜いたハミルトンは、ライコネンに順位を譲らなかったとしてレース終了後にペナルティを受け、優勝したはずが3位に降格してしまいました。
ハミルトンがライコネンに順位を譲っていたのかどうか、確かに微妙な判定でした。個人的には、ハミルトンに対して厳しい判定だったと思います。チャンピオン争いを面白くするために、主催者がフェラーリ寄りの判定をしたといわれても仕方がないと思います。

これには賛否両論あって当然だと思いますが、それにしてもハミルトンは必要以上に嫌われてますよね。
ペナルティでマッサの繰り上がり優勝が決まったとき、ネット上ではハミルトンを擁護するコメントはほとんど見られませんでした。
おそらく、ネットでハミルトンの悪口を書いているのは若いファンだと思います。きっと、ハミルトンより汚いドライバーを見たことがないんでしょうね。
たとえば昔のミハエル・シューマッハー。今のハミルトンより、ずっとえげつないことをしていました。それをリアルタイムで見ている人にとって、ハミルトンなんてかわいいものだと思います。ヒルやヴィルヌーヴのファンは、今でもミハエルを史上最低のドライバーだと思っているかもしれません。
さらにもっと古いファンなら、セナの若い頃を知っているのでなおさらです。僕もさすがに20年も前のことは知らないので詳しいことは語れませんが、ハミルトンをかつてのセナ、アロンソをプロストになぞらえて見ている人も少なくないと思います。セナは決してベビーフェイスではありませんでした。

個人的には、今年はハミルトンがワールドチャンピオンになってほしいと思います。
そして来年、チャンピオンになってふてぶてしさを増したハミルトンをアロンソが打ち負かす、というドラマが見られたら最高です。

コメント

確かに
ハミルトンの件は
昨年の最終戦のことも含めて
あらぬことを勘繰りたくもなりますね。

セナ様は
日本では結構な人気でしたが
果たして日本や祖国以外の他の国では
どうだったのでしょうか。

個人的にはナイジェル・マンセルが好きで
「愛すべき」ヒールだったように思います。

あと、マクラーレンの場合は去年のスパイ事件が尾を引いているのかもしれませんね。
ハミルトンは確かに言動やドライビングに問題がありますが、逆に考えると、他のドライバーがおとなしすぎる気がします。そういう意味でハミルトンに張り合えるのは中嶋一貴でしょうか(笑)。

セナは、ヨーロッパでは悪役だったんでしょうかね。プロストやマンセルの敵ということで。
マンセルもかなりわがままなドライバーでしたが、あの人のわがままは何かいいですよね。プロストやシューマッハーみたいに、政治的なにおいがしないところとか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。