シートベルトが壊れてる

2008年8月11日(月) 23:54 | 日記

車の後部座席でもシートベルト着用が義務付けられるようになり、高速バスでも同様にシートベルトが必須になりました。

僕は法律ができる以前から、事故に遭っても助かるようにとなるべくシートベルトを着けるようにしていたのですが、時々ベルトが壊れている席があるんですよね。これまではシートベルトを使う人が少なかったから、そこまでちゃんと点検してこなかったのでしょう。
当然、法律で義務付けられた現在は、高速バスのシートベルトが壊れて着用できないなんてことが起きてはならないのですが。
それなのに。

僕の席のベルト、金具が止められません。
これじゃあもしバスが追突事故に遭ったら、前の座席に激突して鼻の骨を折ります。せっかくのイケメンが台なしです。

これが片道3900円のクオリティということで、この原油高にも関わらず低価格を維持しているわけだから文句を言うつもりはありませんが、せめて日本の企業として、ましてや乗客の命を預かる立場として、最低限の法令遵守くらいあってもいいのではないかと思いました。

帰りも4000円のバスです。どうか無事におうちへ帰れますように。その前に、どうか無事に名古屋に着きますように。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。