やはり今年はマクラーレンでしょうか

2008年8月 4日(月) 00:50 | スポーツ

コバライネン
ついにコバライネンが初優勝。解説の今宮純さんによると、これがF1で100人めのウィナーだそうです。
2位に入ったのは、これまた初表彰台のトヨタのルーキー、ティモ・グロック。この日記で過去に少しだけ話題にしましたが、結果を出してくれてうれしいです。しかもグロックの2位は、以前のクルサードやバリチェロの3位とは異なり、純粋に実力で勝ち取ったものなので、チームにとっても価値の高いものでした。

ハミルトンはタイヤのトラブルに見舞われながら、マッサのエンジントラブルによるリタイアに助けられ、ポイントリーダーを守りました。運もマクラーレンとハミルトンに味方しました。
やはり今年は、ハミルトンのシーズンなんでしょうかね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。