今日、生まれて初めて食い逃げをしました

2008年7月26日(土) 03:36 | 日記

「あれ、そういえばさっきお金払ったっけ?」

気づいたのは、会社に戻った後でした。

「やばい、食い逃げじゃん!」

昼休みにあるお店で食事をして、お金を払わずに帰ってしまいました。
いわゆる食い逃げというやつです。
僕はこの瞬間から、犯罪者となりました。

レジのお金が伝票と合わないと、バイトの人が困るだろうなぁ…。
昔、喫茶店でバイトをしたことがあったので、ついそんなことを思ってしまいました。

いくら故意ではないとはいえ、僕の行動は決して許されないことです。最低でも、食べた分のお金は払わなければいけません。
まずは店に電話して、食い逃げしたことを正直に伝えることにしました。

「最近多いんですよね」

電話に出たのは男性の店員さん。

「周りの店はみんな食券だから、勘違いされる方が多いんですよ」

そう、まさにこの理由でした。
ファーストフードの多くは、料金は前払いです。最近ではラーメン屋でも食券を導入している店が増えています。
僕が行ったのも、食券制度を導入していてもおかしくないようなお店でした。しかし、このお店は後払いでした。テーブルには伝票が置いてありました。それなのに、僕はすでにお金を払ったものだと思い込み、何の疑いもなく店を出てしまったのです。
これまで30年余り生きてきましたが、生まれて初めての体験でした。

電話で約束した通り、仕事が終わった夜8時半ごろに再びお店へ行き、代金を支払いました。
こっちが悪いことをしたのに、店員さんの方が恐縮していて、不思議な感覚でした。
誤って食い逃げしてしまう客は多くても、僕みたいに正直に申告する人は少ないのでしょうか。

というわけで、普段よく食券を利用している方は、食券のない後払いの店でお金を払わずドロンすることのないよう、気をつけてくださいね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。