Hoegaarden Grand Cru

2008年7月21日(月) 22:20 | 日記

ヒューガルデン・グランクリュ
今日はベルギーのビールを飲みました。

武蔵境のイトーヨーカ堂西館1階のお酒売り場では世界のビールが売られていて、最近は頻繁に利用しているのですが、いつ行ってもお客さんが少ないんですよね。
武蔵境のヨーカ堂は全国でも有数の売り上げを誇る店だと噂されており、今日も夕方に食料品売り場へ行ったら「どこのバーゲンだ?」というくらい混んでいました。食料品売り場は東館の地下1階にあり、ビールやビール系飲料、あるいは焼酎やワインなどのお酒がそこそこ豊富に売られているので、たいていの人はここで間に合ってしまうんですよね。だから、わざわざマニアックなお酒を買うためだけに西館へ行く必要はないわけです。
国産ビールだけでは飽き足らない僕は、よくヨーカ堂西館のお世話になっています。
この店でおすすめの輸入ビール第一位が、「ヒューガルデン」(Hoegaarden)というベルギーのビールでした。現地の言葉に忠実に発音すると「フーハルデン」らしいです。オランダ語でしょうかね。過去に飲んだことがあって、確かにおいしかったんですけど、他のビールと比べてそこまで突出していないというか、あまり強い印象が残っていません。
でも、今日行ってみたら「ヒューガルデン・グランクリュ」(Hoegaarden Grand Cru)という、同じヒューガルデンでもちょっと違うビールが置いてあったので、試してみることにしました。名前から想像すると、ヒューガルデン版プレミアムビールでしょうか。

特徴はアルコール度数。8.5%あるみたいです。普通のヒューガルデンは5%程度なので、ずいぶん濃いビールです。
飲んでみると、確かに濃いんですけど、すごく飲みやすい。余分な味が全くない、純粋なビールの味。このビールはかなりおいしいと思いました。
ちょっと前に、やはりアルコールが8%以上入っているベルギーの「デュベル」を飲んだのですが、デュベル以上にくせがなく、日本人好みの味だと思います。
330mlで400円強と、この手のビールではそこまで高いわけではないので、皆さんもぜひ一度試してみてください。本当においしいですよ。

そんなわけで、気づいたらここ1週間で4日もお酒を飲んでしまいました。
お金も減るし、体型もメタボリックまっしぐらになるので、お酒はせめて週2回程度の楽しみにしたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。