ジャニスとmum

2008年6月 4日(水) 22:50 | 音楽

借りてきたCD
最近またジャニスへ通うようになりました。
ジャニスとは、東京の神保町にあるCDレンタル屋さんです。日本のフォークソングとエレクトロニカのどちらも充実しているという、僕にとっては夢のような店です。
最近は、エレクトロニカと日本のフォークやロックを半々ぐらいの割合で借りることが多いです。こういう借り方をする人は珍しいでしょうね。

そんなジャニスのエレクトロニカの棚にある、「エレクトロニカ聴くならココから」のコーナー。初心者におすすめのCDが何枚か置かれていました。そのうちの1枚が「ミュージック」という人の「Lunatic Harness」という、これまで聴いたことがないアルバムだったので、借りることにしました。
このコーナーには、僕の好きなmumのCDもありました。しかしそこに置かれていたのは、おそらくmumのアルバムの中では日本で最も売れたであろう「Finally We Are No One」ではなく、その次に出たアルバム「Summer Make Good」でした。
個人的には「Summer Make Good」の暗くて冷たい曲調の方が好きなので、ジャニスの選択には拍手を送りたいと思いました。
でもやっぱり、僕が誰かにmumをすすめるとしたら「Finally We Are No One」が先かなぁ。エレクトロニカの好き嫌いを問わず、誰にでもおすすめしたいアルバムです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。