電車のドアに荷物をはさんで、悪びれもしない男

2008年5月13日(火) 21:20 | 日記

さっき、三鷹駅で中央線に乗り換えようとしたときのことです。
閉まりかけのドアに、無理やり割り込もうとする初老の男がいました。
誰がどう見ても、無謀な駆け込み乗車でした。
案の定ドアは閉まり、男は電車に乗れませんでした。
ところが、ドアには男の持つ紙袋がはさまり、中身だけが車内に残ってしまいました。
男は駅員に、ドアを開けてくれと訴えます。
近くの駅員が運転手に状況を伝え、20秒くらいした後でドアは開きました。
そうこうしているうちに、隣のホームには次の電車が来てしまいました。

一部始終を車内で眺めていました。男の姿に、ただ呆れるしかありませんでした。
無理な割り込みで電車の発車を遅らせる原因を作った張本人が、悪びれる様子もなく、偉そうにふるまっていたのです。
その表情からは、少なくとも僕には、申し訳ないという気持ちは全く読み取れませんでした。
まるで、被害者でも気取っているかのような態度でした。

服装や雰囲気から推測すると、そこそこの地位についているサラリーマンのようでした。
特定の誰かに対しては偉いのかもしれないけれど、不特定の誰かの前では、自分自身もまた「不特定の誰か」でしかない。三鷹駅という公共の場所では、僕もあなたも同じ「ただの乗客」でしかない。そのことを忘れて、明らかな迷惑行為ですら、自分の非を認めない。
あんたは、いつからJRの駅員や他の乗客より偉くなったのか。
見ず知らずの他人に対して、勝手に序列を作るなよ。
男の顔を見ていたら、腹が立ってきました。

荷物の処理が終わると、男はそそくさとその場を離れました。さすがに同じ車両には乗れなかったようです。

人間としての底の浅さがあらわになった瞬間でした。
哀れです。

コメント

今朝、電車の中でずーっと鼻をほじっているオッサンがいて気分が悪くなってしまいました。
無意識にあれがでるってことは、会社でもやっているんだろうか、家では当然嫌われてるだろうな、会社でも嫌われるか、等々、いろいろ考えますよね。バックボーンを(^-^;

たまーにいますよね、そういう人。
たくさんの人がいる場所でああいうことができるのは「自分がどんなふうに見られているか」という意識がないからで、裏を返せば、そういう人は他人に対しても無関心だったり、無神経だったりするんだろうな、と想像してしまいます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。