ついに、その時が来てしまった

2008年5月 6日(火) 21:02 | スポーツ

スーパーアグリ、撤退決定です。

SUPER AGURI F1チームの鈴木亜久里チーム代表は、6日、東京都内で緊急記者会見を開き、シーズン半ばのこの日をもってチームがF1から撤退することを発表した。(ISM)

スペインGP終了時にはすでに絶望的な状況で、最後まで存続の道を探り続けましたが、かないませんでした。

ドライバーの佐藤琢磨は、僕と同学年なんですよね。
2006年のスーパーアグリは2周、3周遅れが当たり前の非力なマシンでした。それをわずか1年で、チャンピオンを追い抜いてポイントを獲得するまでの位置まで持ってきました。
もともとマシンの能力が高かった2004年のBARでの3位表彰台より、非力なスーパーアグリでの6位入賞の方が強く印象に残っています。
自分と同世代の人が世界で活躍しているのを見ると、うれしくなります。

このまま終わってほしくありません。また、F1で走る姿を見たいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。