今年も大阪へ行こうかどうか思案中

2008年4月16日(水) 01:27 | フォーク

1971年に大阪で始まった、日本のフォークとロックを代表するミュージシャンが一堂に会した野外コンサート「春一番」。今でいうフジロックやサマーソニックのような位置づけのコンサートでした。
その「春一番」をルーツとする「祝春一番」というコンサートが、毎年5月の連休に、大阪府豊中市の服部緑地で開かれています。

昨年一昨年と僕も見に行ったのですが、今年も行くべきかどうか迷い中です。
というのも、お金に余裕がないからです。
手っ取り早く現金を手にするには、投資しているETFを売ればいいのですが、日経平均が1万3000円台のうちは売るわけにはいきません。
なんとか、今ある現金でやりくりしていきたいところです。

行くとしたら5月4日。この日は小谷美紗子さんが出ます。
小谷さんは去年秋に京都で見ました。京大西部講堂で行われた「ボロフェスタ」というコンサートに行ったときのことです。
今回は野外ということで、この前とはまた違った歌を聞かせてくれることを期待しています。
このほか、昨年の春一番でも見た「ふちがみとふなと」、おととしの春一番や今年の高田渡生誕会でも見たいとうたかおさん、おなじみの中川五郎さんや大塚まさじさんも出演します。
うーん、やっぱり見たいなぁ。

行くとしたら、5月3日の深夜に夜行バスで梅田へ。
コンサートの後はどこかで泊まって、翌日は京都で一日遊んで、5日夜の夜行バスで東京に帰ります。
いくら夜行バスとはいえ、交通費だけで1万円を超えます。
チケットは4000円。これに食費やら宿泊費やら、あと会場で何かグッズを買ったりするだろうから、けっこうお金がかかります。
早く決めないとバスが満席になるので、迷っている時間はありませんね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。