今年のF1はやっぱり面白い

2008年4月 6日(日) 22:23 | スポーツ

マッサ
F1の第3戦、バーレーンGPがつい先ほど終わりました。
フェラーリのフェリペ・マッサが優勝、今シーズンの初勝利となりました。
フェラーリが強いことは分かっていましたが、BMWがそのフェラーリとほとんど差のないレースをしていました。マッサから4位のハイドフェルドまで10秒以内という僅差。マクラーレンはその後ろでした。
これまでBMWは3戦すべてで表彰台に登っています。まさか、ここまで強くなるとは。次戦以降も楽しみです。
一方で、サーキットでマシンを走らせるだけでも奇跡的なスーパーアグリが、1周遅れでとどまっているのもすごい。亜久里さんが現役だった頃みたいに、日本のバブリーなスポンサーがたくさんつけば、もっといいマシンを開発できるんでしょうけど。
日本は相変わらずの景気だし、欧米はサブプライムでまだ沈んでいる状態なので、F1の下位チームに回すお金はなかなか見つからないんでしょうね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。