そういえば、日曜の秋葉原ですごい光景を見た

2008年3月19日(水) 02:28 | 日記

秋葉原ホコ天国で“股を開き、ケツ見せ”女性の撮影会…外国人観光客も吃驚(痛いニュース)

上記リンク先の光景を、先週の日曜日に秋葉原へ行ったときにちょうど僕も見ました。
そりゃ驚きましたよ。白昼堂々、エロ本から飛び出したかのような卑猥なポーズを人前で晒す女性と、そこに群がる男たち。確かに、外国人観光客も目を丸くしていました。僕はそんな光景を目の当たりにして「こんなことをして誰が得をするんだろう」と不思議に思いながら、すぐにその場を立ち去りました。
現地で日記を更新したとき、この話題には触れませんでした。というのも、秋葉原の街やそこに集まる男性客の、あまりにも浮世離れした姿にカルチャーショックを受けた現実の前に、その女性の存在がかすんでしまったからです。
それに、こうした光景は秋葉原では別に珍しくないんだろうな、と思っていました。国道沿いにアニメの少女キャラやエロゲーの主人公らしきキャラの絵がでかでかと掲げられているところを見て、「ここは完全にエロの街なんだな」と思ったからです。エロの街にエロがやって来た、ただそれだけのことだと思いました。
でも、ネットの片隅で話題になるということは、やはり特別な光景だったようです。

こういうことが起きたのは、「秋葉原はエロの街」という認識が広く浸透したからでしょうね。
前にも書いたけれど、エロはこっそり隠れて楽しむべきものだと思います。
エロを前面に押し出しすぎた商売やパフォーマンスは、下品でしかありません。
風俗産業がさかんな名古屋では、風俗店はある程度景観に配慮していて、大通りに面した店は看板やネオンサインなどを控えめにしています。秋葉原にはそういう配慮がないから、今回みたいな即物的なエロの供給と消費が白昼堂々行われるわけなんですよね。
ここまで下品な街って、世界でも珍しいんじゃないかな。ある意味、岐阜の金津園や滋賀の雄琴の方が健全ではないかと思います。

コメント

見せるほうも撮ってるほうも気持ち悪いですね・・・・
アキバは怖い街という認識になりました(;-_-)

エロはこっそりは同意見です。
エロは隠れているからエロいのに、過剰に露出されるとなんだかなーって感じです。
でも、見ますけどね(笑)

うん、確かに見てしまいます。だって見ない理由はないから(笑)。
とはいっても、レースクイーンとかにはあまりぐっと来ません。「見せるべくして見せる」というシチュエーションでは、やっぱりエロさが半減します。

あのときは、いつもだったら「うわぁおもしれぇ!写真撮らなきゃ!」と思うところですが、あまりにも磁力が強くて近づけませんでした。
世の中には、本当にいろんな人がいるんだなぁ、とあらためて思いました。

ヨドバシカメラ側に行くとストリートミュージシャンがいたりして、新宿駅南口みたいでにぎやかなんですけどね。
電気街側は、ちょっとしたサファリパークでした。かよわい女性にはおすすめできません。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。