アクセスカウンターの数字を変えてみた

2008年3月12日(水) 03:44 | 日記

この日記では、ページの右下にアクセスカウンターを設置しています。
ついさっきまで、「合計」のところに表示されていた数字は「190466」でした。
それを、いったん「57295」という数字に巻き戻しました。
同時にカウンターの下の日付を、以前は「2004.7.26」でしたが、「2007.1.5」に変更しました。
この「57295」という数字は、昨年1月5日にこの日記を現在の場所に移転してからの通算訪問者数です。
今後は、この数字にアクセス人数が加算されていきます。

なぜこんなことをしたかというと。
これまでアクセスカウンターを何度か交換してきて、そのたびにアクセスの数え方が変わったため、それらをすべて累計した19万アクセスという数字は、全く意味がないと判断したからです。
こんな数字が20万を突破したとしても、自己満足にすらなりません。
そこで、日記を移転した昨年1月以降の、1日あたりのユニークユーザー数のデータが分かる期間のみを対象にして、カウンターの数字を書き換えたわけです。

僕の日記にアクセスカウンターを初めて設置したのが、2004年7月26日でした。
当時は、日記のトップのみにカウンターを設置していました。トップにアクセスした回数だけカウンターが回る仕組みでしたが、同じ人が何回アクセスしても、そのアクセスをそれぞれ1回と数えていました。リロードを連打すれば、いくらでもカウンターを回すことができました。もちろん自分でそんな阿呆なことをしたことはありませんが。
日記を開設してすぐの頃にはアクセス数は10回ちょっとでしたが、しばらくすると某巨大掲示板に日記のアドレスが貼られたこともあり、アクセス数は二桁後半になりました。

同年秋、日記をシーサーブログに移転しました。
ここではトップページだけでなく、すべてのページに同じカウンターが表示される仕組みにしました。
つまり、同じ人が日記を3ページ分見たら、アクセス数は3増える仕組みです。
カウンターの数字はどんどん増えました。通常で1日300回前後、多いときには1日で400回以上のアクセスがあったと思います。

さすがにこのカウンターはインチキだと思って、別のカウンターを設置することにしました。
今度のカウンターは、「2回連続で同じユーザー(=IPアドレス)からアクセスがあった場合、2回め以降はカウントしない」というタイプでした。
カウンターの数字は一気に減りました。それでも、実際のユーザー数より多い数字が出る仕組みであることには変わりなく、多いときには200以上のアクセスがありました。

日記をシーサーブログから現在のところに移転したとき、カウンターも新しいものを設置しました。
「1日で同じユーザーからのアクセスが複数回あっても、1回分しかカウントしない」というタイプのものです。同じユーザーかどうかは、各ユーザーのクッキーで判断される仕組みです。
この仕組みにより、アクセスカウンターには、ユニークユーザー数にきわめて近いアクセス数が表示されるようになりました。
CGIプログラムを設置できるレンタルサーバーだからこそ、このようなカウンターを使うことができました。

「57295」という数字は、アクセスログの解析プログラムなどによって導き出された、2007年1月5日から2008年3月12日午前3時までのアクセス人数です。
この数字を採用することで、1日あたりのアクセス人数だけでなく、合計人数についても信憑性を高めることができたと思います。
20万近くあった数字が減ってしまったのは、それはそれで寂しい気がしますが。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。