ドルが下がって、買ったらまた下がる

2008年3月 4日(火) 02:01 | 日記

まあよくあることです。

このところ106円台で推移していた米ドルが先週末、円高ドル安が進んで104円台に突入。これはチャンスと、イートレードの口座にあったお金でドルを買ったわけですよ。
結果、105円弱で約定。手数料を含めると、1ドル105.12円で買えました。
週が明けました。
何ですか、1ドル102円台って。
また高値づかみですか!
まあ、去年の夏に116円台でつかんだことを考えればたいしたことはありませんけど。
年明けの日経225のETFにしろ、僕が買ったとたんに下がるのは悲しすぎます。

一方で、結果的にラッキーだったのが香港ドル。
先週末に、米ドルと同じタイミングで香港ドルも注文しました。
ところが、なぜか取引が成立せずに、金曜日の取引時間が終了。どうしたもんかと思いつつ、週が明けたらドルが急落。米ドルに連動する香港ドルも同様に下がり、このタイミングで約定。運よく、香港ドルの方は安値で買うことができました。

そして今日、米ドルでEFA、香港ドルで2836と、それぞれETFを買い足しました。
「EFA」とは、「iShares MSCI EAFE Index Fund」のこと。アメリカを除く先進国の株価指数に連動するETFです。去年の夏に買ったときより低い水準になっており、すでにかなり損をしているのですが、ここを買いどきと見て、買い足してみました。
別に、すぐに結果を出そうとは思いません。EFAについては長い目で見て、少しくらい上がっていればそれでいいと思います。
香港市場のコード「2836」とは、「iShares BSE SENSEX インディア・トラッカー」というETFのことです。インドの代表的な株価指数である「センセックス指数」に連動するように作られています。
このETFは、かつて16香港ドルで購入し、今年1月に24香港ドルで売りました。おかげでかなり大幅にプラスとなったのですが、今回は香港ドルをさらに増やしたうえで、前回の3倍の口数を買いました。
購入時の単価は18.8香港ドル。これがまた24香港ドル以上まで上がれば、再びビッグなプラスとなります。

ただやっぱり、円高ドル安は僕のポートフォリオにかなり大きな影を落としています。今持っている米ドルの大部分を116円台で買ってしまったことが尾を引き、現在も投資元本に対して約6%のマイナス。金額にすると、けっこう大きいです。これだけあればかなりいい自転車が買えます。下手したら中古の原付が買えます。
株価が正常に戻って、為替が去年夏の水準に戻れば、そこそこプラスなんですけどね…。

日経225のETFも買い足そうと考えています。13000円を切れば迷わずゴーサインです。
さて、明日はどうなることやら。

コメント

私も米ドルを持っているのですが
大赤字です!
まさかこんなに円高になるとは!
トホホです(笑)

円安になることを祈る毎日です。

現在も102円台ですね…。
サブプライム問題が落ち着くまで、この状況が続きそうです。
取材先や打ち合わせ先などで、いろんな人がそう言っていました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。