「アイドリング!!!」のライブ

2008年2月 3日(日) 18:53 | アイドル

アイドリング!!!
ついさっきまでフジテレビ721でライブをやっていたので、見ていました。

最初に言い訳をしますが、「アイドリング!!!」をまともに見るのはこれが初めてです。グループの存在自体はずっと前から知っていたのですが、メンバーが9人ということすら今日初めて知りました。びっくりマーク3個を含めて正式名称なんですね。
みんなかわいいのですが、技術の未熟さとか、計算されていない素人っぽさが、モーニング娘。を好きな層には受け入れられないかもしれません。そのあたりが、天然なんだけど洗練されているPerfumeとの違いでしょうか。逆に、そういうところを魅力だと感じる人も少なくないと思います。
僕はみんな好きですけどね。

アイドリング!!!はおニャン子クラブ、乙女塾、チェキッ娘に続く、フジテレビが新たに世に送り出す素人アイドル集団、という位置づけでいいんでしょうかね。
ハロプロのBerryz工房や℃-ute、秋元康氏のAKB48あたりが商売敵になるのでしょうか。僕みたいな「違いの分かる男」には、それぞれのグループの特徴や方向性がちゃんと見えるのですが、アイドルにそれほど興味のない大多数の人にとっては「全部同じじゃん」「区別がつかない」というのが本音だと思います。

コメント

素人だから違いがようわからんです。
それぞれ、いいところはあるんだろうと思いますが。
AKB48は、人数が多すぎて覚えられないので興味ないですが、
人数がそんなに多くなかったら注目していたかもしれません。
TPDの影響か、7人までだったら覚えようという気になります(^-^;

アイドリング、一回だけ見たことがありますが、ピンときませんでした。
かなり前だから、今とはだいぶ違うのかな?

偶然にも、今日のヘイヘイにアイドリングとAKB48がいっしょに出るようです。ビデオの予約をしていないので、早く帰って見たいと思います。

AKBはTPDに近い現場型のアイドルグループで、去年あたりからテレビに出始めているようですが、僕も誰ひとりとしてメンバーの名前を知らなかったりします。あれだけ人数が多いと、確かにどこを見ていいか分からなくなりますw
アイドリングは、おニャン子や乙女塾より、むしろ「うらりんギャル」に近いイメージです。今後も芸能界にとどまる人は少ないと思います。

どちらのグループも、ハロプロのような「アイドルを演じる」というレベルまで達していない印象があります。「一生懸命」と「いっぱいいっぱい」の紙一重なんだけどけっこう大きな差というか。秋元氏は後者の「素人だけどアイドルやってます」感を出すのが好きで、対するつんくPはエンターテイナー志向で、その違いが出ているような気がします。あくまで僕の勝手なイメージですが…。

ただ、アイドリングにもAKBにも、TPDやモー娘を初めて見た時のような心のときめきを感じていないのは事実です。もしかしたら噛めば味が出てくるのかなということで、ひととおり見ておこうと思っています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。