なかなかエンジンがかからない

2008年1月27日(日) 18:29 | 日記


1か月ぶりにバイクに乗りました。
ホンダのNSRにはかれこれ9年以上乗っています。年式は90年なので、18年落ちということになります。現在は250ccの2ストロークは国内で生産していないので、わりと貴重なマシンだったりします。

このバイク、セルではなくキックでエンジンをかけます。
冬場にひさびさにバイクに乗ろうとしたものだから、エンジンがなかなかかかりません。バイクにまたがって右足で蹴るわけですが、20回も30回も繰り返していると足が痛くなってきます。それでも一度エンジンを回しておかないと、さらにかからなくなってしまいます。
かなりがんばって、なんとか無事にバイクを動かすことができました。

古いバイクですが、排気量のわりにパワーが出るので乗り心地は抜群です。たまに走ると気持ちがいいものです。できるだけ長く乗り続けたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。