動くな!

2008年1月15日(火) 02:17 | 日記

パラボラアンテナ
スカパーのアンテナを自分で取り付けたことがある方ならご存知かと思いますが。
このパラボラアンテナ、向きを合わせるのがめちゃめちゃ難しいのです。
アンテナの水平方向と角度を通信衛星の方向にぴったりと合わせないと、電波を受信してくれません。ほんの少しずれただけで、番組が見られなくなってしまいます。

CSの番組は基本的にケーブルテレビで見ているのですが、「フジテレビ721・739」および「MONDO21」のみスカパーで直接受信しています。
これらのチャンネルはケーブルでも見られるのですが、フジテレビ721とスペースシャワーで見たい番組がかぶったりしたら困るので、このような方法をとっています。スカパーは愛知県の実家にいた頃から契約しているので、そのまま東京まで持ってきました。

そんなスカパーのアンテナがこのところ頻繁にずれて、気づいたら番組が見られなくなっていた、ということが起きて困っています。
アンテナはベランダに金具とボルトで取り付けてあるのですが、そもそもこのベランダ、あまり丈夫ではありません。強い風が吹いたり、地震が起きたりするとぐらぐらと揺れて動いてしまいます。そのはずみで、アンテナの向きがずれてしまっているようです。
そこで、最近ラチェットレンチを買ったので、アンテナを取り付けているボルトをより強く締めて、簡単に動かないようにしようと試みたのですが、これがなかなかうまく行きませんでした。
アンテナの向きを合わせるときは、テレビ画面で電波の受信レベルを確認しながら作業をします。いったんボルトをゆるめて、向きを少しずつ変えながら、2つの衛星(パーフェクTVとJスカイB)の電波を高レベルで受信できる位置を探します。受信レベルが十分な位置に合わせたら、あとはボルトを締めて固定すればOK、のはずなのですが…。
なぜか、ボルトをきつく締めたとたん、受信レベルがゼロになってしまうのです。
この現象にはずいぶん悩まされました。ボルトをゆるめれば電波をキャッチできます。しかし、ゆるめたままにしておくと、また近いうちにアンテナの位置がずれてしまいます。
しばらく考えて、ようやく理由がわかりました。ボルトを締めると、アンテナの角度が変わってしまうのです。
ボルトをきつく固定したあと、アンテナをほんの少し上に向けたら、電波レベルが上昇。ようやく、アンテナをしっかりと固定した状態で電波を受信することができました。

今のところ、スカパーは順調です。
今年もフジテレビ721でF1の生放送を見たいので、このまま問題が起きないことを願います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。