日経平均株価のETFを買ってみた

2008年1月 9日(水) 23:59 | 日記

きのう、14600円台なら買おうと思っていたETF。野村アセットの「日経225連動型上場投資信託」(1321)の今日の始値は14500円を割っていました。もっとも、日経平均の方は14200円台。ETFの方がやや高い価格で推移していました。
欲を出してしまった僕は、もっと下がることを期待して低めの価格で指値注文したのですが、意に反して価格はどんどん上がっていきました。午前中なら14500円台で買えたのに、チャンスを逃してしまい、前場を終えることとなりました。
午後は、きのう言っていたとおり14600円台なら買おうと思いました。結果、14650円で約定。まあこの値段ならそれほど悪くないでしょう。ここからさらに大きく下がってそのまま、ということはないでしょうから。一時的には14000円を割り込むこともあるかもしれませんが。
とりあえず、1321はしばらく持ち続けようと思います。

ドル建てETFのEFAやEEMの基準価額が下がったのは、分配金が出たからなんですね。僕のドル口座にも合計54ドルほど入っていました。でも、この時点でアメリカと日本で二重に所得税を引かれているわけで、分配金は2割弱少なくなるんですよね。うーん。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。