松戸の「ラーメン横綱」へ行ってきました

2008年1月 4日(金) 05:36 | 日記

ラーメン横綱
愛知県に住んでいた頃の、お気に入りのジャンクフードといえば「ラーメン横綱」のラーメン。思わずくせになる豚骨醤油味で、月に3~4回くらい食べていたような気がします。
本店は京都にありますが、愛知県にもたくさんのチェーン店があります。名古屋で働いていたときは刈谷店に、岡崎や豊田で働いていたときは安城店によく立ち寄ったものです。
横綱の店の特徴といえば、ほぼすべての店が国道など主要幹線道路沿いにあること。写真のような大きくて派手な看板が目印です。駐車場はやたらと広く、店内もかなり広い。それでも休日の昼や夜はたちまち満席になります。

今日、僕が行ったのは松戸市にある横綱です。2006年秋にオープン。国道6号沿いというロケーションは、愛知県にある横綱と同じです。
横綱へ行くのは、こちらに引っ越してから実は2回め。おととしの9月、当時は首都圏で唯一の店舗だった、同じ千葉県の四街道市にあるイトーヨーカ堂に行って食べました。ただし、あれはあくまでスーパーのテナント。単独の店舗としての横綱へ行くのはこちらでは初めてです。
車を止めて、店の中へと向かいます。すると、すかさず店員さんが自動ドアの前に待ちかまえて、ドアを開けて出迎えてくれます。そうそう、これも横綱の特徴なんですよね。
メニューは、四街道の横綱と同じでした。関西や愛知と異なり、ラーメンにもやしが入っています。
下の写真は、750円のチャーシュー麺・並です。
チャーシューメン

そして、横綱といえば「ネギ入れ放題」と、「ニントン」という薬味。四街道にはなかったこれらのサービスが、松戸にはありました。
「ニントン」とは、にんにくと唐辛子をブレンドした薬味です。これをラーメンに入れると、辛くこってりした味になります。

サイドメニューとして毎回頼んでいたのが「ピリカラギョーザ」。安いのに美味です。以前は190円だったのですが、ここでは250円。今回ももちろん注文しました。

そんなわけで、かなりひさびさに横綱のラーメンを食べました。ただそれだけのために武蔵野市から松戸市までの片道50キロ以上の道のりを走りました。よほど時間のあるときじゃないと、なかなか行けません。
首都圏では千葉ニュータウンにもうすぐオープンするようですが、できればもっと近くに出店していただきたいものです。国道沿いということなら、日野市の国道20号バイパス…は周辺の環境を考えると厳しいかな。現実的に考えれば、16号の瑞穂~八王子~相模原あたりか、17号バイパスの戸田~さいたまでしょうか。あるいは、254号の朝霞や新座という手もあると思います。もちろん横綱のスタッフの方もいろいろ考えていると思いますし、実際に行動していることと思いますが、ぜひともうちの近所にも出店していただきたいと思っています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。