MIDIキーボードを実家から持ってきたのだが

2007年12月24日(月) 22:00 | 日記

MIDIキーボード
愛知県高浜市の実家までわざわざ車で行ったのは、このキーボードを持ち帰るためでした。
10年以上前に買った、ローランドの「PC-180」というMIDIキーボードです。
もともと鍵盤楽器の経験がなく、キーボードなんてまるっきり演奏できないので、実家にずっとほったらかしにしてありました。ただ、最近「初音ミク」が話題になって、DTMがはやっているようなので、じゃあ自分も始めてみようかな、と思いました。もともと無趣味な人間なので、何でもいいから手を出してみたかったというのもあります。「初音ミク」そのものはいじらないと思いますが、ゆくゆくは自宅で簡単なレコーディングができるようになれば面白いと思っています。

ただ、このキーボードを使うのにあたって、問題が3つあります。

ひとつは、キーボードのACアダプターを紛失してしまったことです。
そこで、アダプターを探すために、秋葉原のラジオ会館へ向かいました。
確かにACアダプター売り場はありました。いろいろなタイプの中古のアダプターが、1個1000円で売られていました。その中から使えそうなものを買いました。ところが、帰ってキーボードに接続しようとすると、端子の形が合わず、無理でした。ACアダプターの端子の形なんてどれも同じだと思っていたのに。
それでも、秋葉原まで行ったことで「アダプターは、アンペア数が大きい分には問題ない」ということが分かったので、実家に余っていた使えそうなアダプターを急きょこちらに送ってもらうようにしました。

もうひとつの問題は、実際にどうやって音を出すのか、ということです。
さっき、キーボードを別のACアダプターで無理やり接続して、秋葉原のヨドバシカメラで買ってきたMIDIとUSBの変換器を使ってパソコンとつないだのですが、鍵盤を押さえても音が出ません。
おそらく、MIDI対応のソフトウェアが必要だと思われます。フリーでも出ているようなので、ACアダプターが届いたら試してみたいと思います。

3つめの問題は、このキーボードの置き場所です。
狭い6畳の部屋のどこにこれを置くべきか。悩ましいところです。

今日はたまった仕事をどうにかしようと思っていたのですが、休日らしく買い物をしたり家でごろごろしたりして過ごしました。仕事は明日に回すことにします。
明日は明日で友人と飲み会があったりして、かなり時間的にきついのですが、まあなんとかなるでしょう。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。