ベッドで寝られるのは幸せです

2007年10月 6日(土) 23:25 | 日記


白川通りから少し入ったところにある「ろくろく」という宿に泊まります。平安神宮と銀閣寺の間に位置する小さな宿です。
2段ベッドが3つで、計6人が8畳ほどの部屋に泊まるというドミトリー。宿泊だけならお値段2500円。男性だけでなく、女性用のドミトリーもあります。ひとり旅なら、こういうところに泊まるのもいいですね。

行きは夜行バスなのでまともに眠れるはずもなく、西部講堂に着く前にネットカフェで2時間ほど寝てきました。そんな状態でボロフェスタでは9時間ほとんど立ちっぱなし。
ようやくちゃんとしたふとんで寝られて幸せです。

明日は朝9時ごろから行動を開始します。ボロフェスタの会場には行かないと思いますが、昼ごろ京都大学には寄ろうと思います。校内のカフェテリアで売ってる「ホワイトナイル」というビールが気になるので。
卒業してから8年以上経ちましたが、大学は驚くほど様変わりしました。その一方で、全く変わっていないものもたくさんありました。西部講堂もそのひとつです。隣の学食「ルネ」には、昔よく食べていた「白玉パフェ」も健在でしたし。でも今は、ステーキのような鉄板焼きメニューが昼から食べられるんですね。昔は夕方5時以降限定だったのに。時代は変わる。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。