自民党総裁選とウェブ

2007年9月23日(日) 15:48 | 日記

福田康夫総裁
大方の予想通り、福田康夫さんが自民党の総裁に選ばれました。
テレ朝の特番を見ていたのですが、麻生さんが予想以上の票を集めたことに、出演者の田原総一朗氏らは驚いていました。他局を見ても「善戦」という評価でした。

ネットでいろいろな人のブログを検索してみたのですが、福田さんを支持する人は少なくて、かなり多くの人が麻生さんを支持する内容の文章を書いていました。「福田さんを支持する人はわざわざネットに文章なんて書かない」ということでしょうかね。それで結果的に、麻生さん支持の声ばかりが目立つという現象。僕には福田さんがそんなに悪いことを言っているとは思えないし、麻生さんの思想や政策には賛成できないことが多いのですが。
いわゆるWeb2.0とは、サイレントマジョリティは完全に無視される「言ったもん勝ち」の世界。正しいけれど何も言わない人は、間違っているかもしれないがよくしゃべる人に駆逐される。少なくとも表面上はそんなふうに見える、ゆがんだ世界。そのことを自覚せずにインターネットに漬かっている人が増えているとすれば、かなり危険な兆候だと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。