今年も「ボロフェスタ」に行きます

2007年9月20日(木) 03:31 | 音楽

京都市左京区の京大西部講堂で行われる「ボロフェスタ」というイベントに、今年も行くことにしました。
このイベントには去年初めて行きました。京都は学生時代に住んでいた街でしたが、結局西部講堂には一度も行くことがありませんでした。昔から外道や村八分、憂歌団など、有名なミュージシャンが伝説的なライブを行った、日本の音楽を語るうえで外すことのできない聖地。そこから遠くないところに住んでいながら、一度も西部講堂の中に入ったことがなかったえせ京都市民の僕でしたが、ようやく聖地でのライブを見ることができたのが去年のボロフェスタ。その時のことは、2006年10月8日の日記(携帯電話からご覧の方はこちらのページをご覧ください)に、現地から携帯電話で書いたレポートがありますので、ぜひご覧ください。去年は小島麻由美さんが出演しました。すっごくよかったです。

とりあえず、初日の10月6日に行きます。当初は、斉藤和義さんや三上寛さんが出る最終日の8日に行く予定だったのですが、チケットが売り切れてしまい、今年は行くのをやめようと思っていました。ところが、旅行から帰ってボロフェスタのサイトを見てみると、6日の出演者に小谷美紗子さんが追加されているではありませんか。これは行くしかないと、あわててチケットを予約しました。
前々から一度見てみたいと思っていた小谷さん。今では数少ない、力強い言葉を投げかけるミュージシャンです。何かをするときのBGMや、電車でのんびり聴けるような音楽ではない、正座して聞きたくなるような歌。ぜひ生で見てみたい。
あとは友部正人さん。5月の春一番でも見ましたが、今度はどんな歌を聴かせてくれるのか楽しみです。それにしても、友部さんといい、小谷さんといい、明らかに若者向け、ミーハー向けじゃない人選が素敵です。

それでもやっぱり8日の三上寛さんを見てみたいです。10月8日のチケットが余っている方、買ったけど急用で行けなくなった方がいらっしゃいましたら、チケットを売ってください。1枚のみでけっこうです。お値段はご相談いたします。よろしくお願いします。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。