中川五郎さんとミカバンドも

2007年8月30日(木) 03:41 | フォーク

終り はじまる・黒船
ジャニスでは、「関西フォークの歴史」以外に4枚のCDを借りました。
上が、中川五郎さんの「終り はじまる」というアルバムです。エイベックスでも東芝EMIでもなく、キティから再発されたバージョン。今となってはかなり珍しいCDですが、レンタルショップでは逆にこのCDがあったから、その後別の会社から再発されたCDを買わなくてもよくなり、結果として最も古いCDが残ったわけですね。
音楽メディアがレコードからCDに移って以来、URCは3社で再発されました。最も新しいのは2002年のエイベックス。その前が1995年の東芝EMIで、最も古いのが1989年のキティです。1995年時点でもキティのURC作品はほとんど消えていたくらいなので、かなりレアなCDです。

写真の下にあるのが、サディスティック・ミカ・バンドの「黒船」。名盤といわれながら一度も聴いたことがなかったので、借りてみることにしました。加藤和彦さんは今もなお元気に活動されていますね。

ちなみに、レンタルした4枚のうち、残り2枚はエレクトロニカでした。今後は「電子音楽を語れるフォークファン」を目指して活動したいと思います。何の活動なのかは知りませんが。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。