投資のセンスはないみたい

2007年8月29日(水) 01:42 | 日記

手持ちの3200ドルで、2種類のETFを買いました。
ひとつは「iShares MSCI EAFEインデックス」(EFA)。ヨーロッパと日本を合わせた株価指数に連動するETFです。安定的な成長が見込めるヨーロッパのインデックスファンドは前々からねらっていたので。
もうひとつが「iShares MSCIエマージングマーケッツ」(EEM)です。エマージング、つまり新興国の指数に連動するETFです。バブルが破裂しそうな中国を抱えているというリスクはありますが、それ以外にもブラジルやロシア、東欧、インド、ベトナムなどが含まれているため、全体としては伸び続けるのではないかと思われます。

ところが。
高値でつかんじゃったみたいなんですよね。
EEMなんて先週末もきのうも130ドル超えで、今日見たら130ドルを切って129ドル前後で動いていたので、これはもう買うしかないと思って10口買ったら、しばらくして127ドル台ですよ。エマージングは値動きが激しいのでこのくらいは普通なのですが、あと2時間遅く買っていればと思うと悔しいです。先週後半の動きを見たら、新興国市場は上向きで、EEMもしばらくは下がりにくいと予想したのですが甘かったです。
EFAはかなり地味な値動きで、それでもじわじわと上がっていたのですが、こちらも今日は下落しました。76.8ドル程度で約定したと思ったら、今は76.3ドル。やはり買い時を間違えました。
それでも先週の金曜にあわてて買うよりは、ずいぶんと安値で買うことができましたが。
長い目で見ればどちらも上がると思うので、まあたいした問題ではないはずです。

現状では、為替の円高ドル安、ETF価格の下落と手数料の支払いによって1万3千円くらいの損失が出ていますが、すべての株価と為替が今年の6月の水準に戻れば、かなりの利益が出ます。
果たしてうまくいくのでしょうか…。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。