勝ったのは…

2007年7月23日(月) 00:12 | スポーツ

レースの終わりに降った雨で、マッサはマシンのバランスを崩してタイムが伸びず、かたやアロンソはそんなマッサとの差を一気に詰め、ついに逆転。アロンソが通算3勝目を挙げました。
アロンソがマッサを抜く時にマシンが接触したのですが、マッサはこのことにかなり腹を立てていた様子。一方のアロンソは意に介さず、ひたすら今回の勝利を喜んでいました。彼の眼中にあるのは、今回ノーポイントのチームメイト、ハミルトンだけなのでしょう。ハミルトンとアロンソの差は2ポイントとなり、いよいよ前年のチャンピオンのアロンソがトップに立とうかという勢いです。
フェラーリはライコネンのマシントラブルが痛かった。マクラーレンとのポイント差は広がってしまいました。
3位にレッドブルのウェバー、4位にウィリアムズのブルツが入ったところが、今回の波乱ぶりを示していました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。