ひさびさに「きら星」へ行ってみたのですが

2007年7月 5日(木) 00:12 | 日記

グーグルである言葉を検索すると、検索結果の一番下に「関連検索」というものが出てきます。たとえば「横山」という言葉を検索すると、関連検索の一覧として「横山ノック」「横山やすし」「横山光輝」などの言葉が表示されます。つまり、多くの人にとって「横山」といえば「ノック」や「やすし」や「光輝」なわけです。
同様に「武蔵境」を検索すると、関連検索で出てくるのが「きら星」。武蔵境駅南口の西側にあるラーメン屋で、グーグルの検索結果が示す通り、押しも押されもせぬ武蔵境を代表するスポットです(というより、武蔵境には他に何もないだけのことですが…)。
開店前には長い行列ができる、今や東京を代表する人気店のひとつとなりました。
店の様子やラーメンの味については、ネットで検索すればいろいろ出てくると思うので、興味のある方はぜひお調べいただければと思います。

僕も「きら星」の近所に住んでいるわけですが、今までこの店に行ったのはただ一度だけ。しかも1年以上前のことです。
基本的にラーメンは好きです。名古屋に住んでいた頃は、週に一度はどこかのラーメンを食べていたと思います。それなのに、人気店であるはずのきら星へ行ったのは一度だけ。僕の口にはあまり合わなかったんでしょうね。
どんな味だったのかを思い出すために、ひさしぶりに行ってみました。平日の夜8時前という中途半端な時間帯と、天気の悪さも手伝って、全部で十数人しか入れない店の中は比較的すいていました。
1年数か月ぶりに食べたラーメンは、やはり自分の口にはあまり合わない感じでした。

これまで東京で何回かラーメン屋の行列に並んだことがあるのですが、いまだに「並ぶだけの価値がある」と思わせるようなラーメンに出会っていません。地元の名古屋はかなり恵まれていたんだなぁ、とあらためて思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。