ついでに東小金井駅にも行きました

2007年7月 2日(月) 01:53 | 日記

武蔵境からひとつ西に行ったところにあるのが東小金井駅です。今回の高架化工事で、武蔵境だけでなく東小金井、武蔵小金井、国立の各駅の下り線が高架化されたわけですが、武蔵境を見に行ったついでに隣の東小金井も覗いてみることにしました。
東小金井駅南口
なんだかものすごく立派な駅舎になっていました。武蔵境駅の南口は申し訳程度の狭い入り口しかなかったのに、この堂々とした入り口はどうでしょう。構内も広く、朝のラッシュ時も混み合わなくてすみそうです。
こちらが新しい駅構内。武蔵境の倍くらいの広さです。
東小金井駅構内
もっとも、武蔵境駅の場合はあくまで仮の駅舎なので、現時点での駅の広さを比べることには意味はないわけですが。

もともと東小金井駅は、武蔵境駅と同じく駅舎が2階部分にあり、そこから1階のホームに降りるという形状でした。武蔵境との大きな違いは、今回の工事で2階部分を廃止したことです。すでに階段が閉鎖されていました。
東小金井駅北口
この駅は「北口が上り、南口が下り」とはっきり分かれています。北と南は地下道で結ばれており、自転車も行き来できます。
地下道
北口を利用している人は、武蔵境の南口と同様に、上り電車へのアクセスが容易になりました。こちらの改札を通ればすぐにホームがあります。
東小金井駅北口の改札
ただ、北口から下り電車のホーム、あるいは南口から上り電車のホームへ行き来するには一度地下道を通る必要があるわけで、行きか帰りのどちらかは必ず地下に潜らないといけないのは面倒くさそうです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。