割り込み

2007年6月18日(月) 08:25 | 日記

悪いことをする人間には不幸になってもらいたい。そう願ってやみません。
もちろん、人の嫌がることを平気でするような人間は普段からそういう扱いを受けているはずで、いろいろな場面で他人に虐げられているはずです。
だけど、もっとおおっぴらに、もっと直接的に虐げられてもいいと思っています。

三鷹駅で東西線直通の電車に乗るのですが、朝8時前後は最も混むわけです。乗客は狭いホームに列を作って待つのですが、そこに割り込んで入ってきた中年のサラリーマンがいたのです。何食わぬ顔で列の真ん中から割り込み、席に座る。人として最低の行為です。言ってみれば並んで待っていた人たち全員に対する裏切りです。
その人間の後ろに並んでいた人は、容赦なくその人間を侮辱していいと思う。彼はそれだけのことをした。むしろ、不快感をあらわにして、彼を同じ人間として認めないという意思表示を積極的にするべきだと思います。
悪いことをする人間を認めてはいけません。その存在価値を全力で否定すべきです。

その男のせいで僕が座れなかったからこんなことを書いてるわけじゃないわけじゃないんだ。なんだ結局は私怨かよ。朝からごめんなさい。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。