F1アメリカGP

2007年6月18日(月) 02:58 | スポーツ

アメリカGP
バリチェロやラルフ・シューマッハーやクルサードが1周目に早々とリタイア。かつてチャンピオンを争っていたドライバーが、下位からスタートして見せ場なく終わるところを見ると、時代は変わったんだと実感させられます。
前回6位に入った佐藤琢磨もリタイアしました。2004年には3位に入ったインディアナポリスでしたが、スーティルを抜いた直後に単独スピン。燃料の積み過ぎでタイヤの負担が大きかったでしょうか。もっともその前にペナルティがあったので、どちらにしても今回は無理でしたね。
それにしてもハミルトンは強い。このままアロンソを押さえきるのでしょうか。

しかし、客の入りが悪いですねインディアナポリス。F1って、アメリカのレースより面白いと思うんですけどね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。