体力と身体能力が落ちたことを思い知らされた

2007年6月 5日(火) 02:31 | 日記

ずいぶん前にジョギング用の靴を買ったのですが、時間と心の余裕がなかったために、なかなか使う機会がありませんでした。
今日になって、ようやく走りたい気分になったので、少しばかり自宅の周辺を走ってみました。
そして、自分の体力のなさをあらためて思い知ったわけです。

自宅から南へ出て、かえで通りを経由して東八道路へ。西へ少し行ったあと、天文台通りを北へ。国際基督教大学を左手に見ながら北上し、連雀通りを越えて、住宅街を東に突っ切って自宅に戻る、というルート。6キロ弱の道のりです。これを30分で走破する計画を立てました。
しかし、ここ4年近く全くスポーツをしていない僕の体は、6キロどころか2キロも持ちませんでした。
自宅は武蔵野市境南町1丁目、日赤病院の裏あたりにあるのですが、そこから約1.6キロ地点の、もみじ通りの途中にある京王ストアあたりで力尽きてしまいました。
所要時間は8分。時速12キロのペースでした。6キロだったらちょうど30分で走り終える計算です。
結局、予定の東八道路まで行くことなく、手前の人見街道で右折。天文台通りまで行くことなく、途中の道で右折。大きくコースをショートカットしたために、全体の道のりが4.5キロとなったうえ、その半分以上は歩くことになってしまいました。
もちろん、しばらく歩いたあとに走り出しては見るのですが、今度は足が動かなくなってしまいました。体力は回復しているのに、足が痛くて思うように動かないのです。

思い出すのは今から6年近く前のこと。当時の会社の同僚とサッカーをすることになり、名古屋の鶴舞公園にあるサッカー場を借りて、社員20人ほどでボールを蹴っていました。当時も今と同じく極度の運動不足。まだ24歳だった僕にとっても、ひさびさの激しい運動はかなり体にこたえました。
それでも、しばらく走っているうちに体が慣れてきて、かなり息も持つようになりました。しかし、今度は足が動かなくなったのです。体力は余っているのに、足が上がらない。疲れてないのに動けない。初めての体験でした。
両足は軽い肉離れを起こしていました。翌日になると、階段の上り下りのたびに足に激痛が走るようになりました。普通に歩くことすら困難でした。そんな状態が3日ほど続きました。

あの時と同じく、足が動かない。もどかしさを感じながら、三鷹市大沢・深大寺・井口の住宅街をとぼとぼと歩きます。さすがに深夜0時を過ぎると、行き交う人の姿もまばらです。

今日は朝食を食べず、昼食のみ食べて夜も抜きました。明らかに栄養不足の状態であり、体力が持つはずありません。せめて、夜7時ごろに300kcalぐらい何かを食べておけばよかったと思いました。
また、深夜0時15分からスタートしたのもよくないですね。ゲーセンで遊ぶ暇や、家でパソコンを眺める暇があったら、早く帰って夜9時半ごろから走り始めればよかったと思います。
まあとりあえず、この状態で走ったらどれくらい体に負荷がかかるのかが分かっただけでも意味がありました。次回はもっと早い時間帯にスタートして、走る2時間前までには300~500kcalの食事をしようと思いました。
そして、準備運動が全く足りていないことも露呈しました。6年前のサッカーの時は、準備運動がほぼゼロでのまま、激しい運動をしたためにあんなことになりました。さすがに今日はひととおりのストレッチや準備運動をしてから臨んだつもりだったのですが、やはり4年間もまともに走っていない体には、ちょっとやそっとの準備運動ではどうしようもありませんでした。

恥ずかしい話ですが、ここ何か月か体重計には怖くて乗れませんでした。今日、走る前に意を決して体重計に乗ってみたら、やはり恐ろしいことになっていました。
詳しい数字は恥ずかしいので隠しておきますが、僕の体重はちょうど「身長-100」という数字。通常は「(身長-100)×0.9」とか、「身長-110」などが理想の体重といわれているのですが、そんな理想からほど遠いプチ肥満です。
帰ってきてから再び体重計に乗ってみましたが、体重は全く変わっていません。まあ当然といえば当然ですが。1日走っただけでやせるはずはないので。
それより、単純に体力をつけること、下半身を鍛えることを第一の目的としているので、数字にこだわるのはまだ先でいいと思っています。とにかく今は、年相応に体が動くようになることと、脂肪を燃やすような体質を作ることが先決です。
あとはこれと並行して、腹筋を鍛えておなかを引っ込めるようにしたいと思います。別に僕の体がスリムになったところで直接何かいいことがあるわけでもないのですが、やっぱり人間たるもの、容姿はそれなりに大切だと思うので。

少しずつ、真剣になってきました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。