秋葉原からこんにちは

2007年5月 9日(水) 13:01 | 日記


さっきまで錦糸町で取材があり、2時からは六本木。中途半端に時間が開いたので、秋葉原に立ち寄ることにしました。
ちょうど家のパソコンのマウスが壊れかかっていたので、新しいマウスを買ってきました。

写真はソフマップの外壁。いわゆるギャルゲーやアニメには全く興味がない僕にとって、こういう光景は奇異にしか映らないわけですが、今のところはこの手のコンテンツに対する需要はそれなりにあるんでしょうね。
現実の女性に対しては、しょっちゅうけんかしたり、どちらかが心変わりしたりと、なかなかうまくいかなかったりします。だからひとときの息抜きとして、男の欲望を素直に投影してくれるエロゲーや萌えアニメを求める気持ちも分からなくはありません。
このように現実を補完する要素として虚構を楽しむぶんには、それなりに健全な娯楽ではないかと思うわけです。
ただ、何でも度を過ぎるとよくないわけで、「現実なき虚構」に身を置いてしまったりすると「キモヲタ」というありがたくないレッテルを貼られるわけで。

ここ秋葉原という場所においては、レッテルがマイノリティーを分別するほどの力を持ちません。東京にもひとつくらい、こういうユートピアがあってもいいでしょう。
僕にとっての秋葉原は「パソコンのパーツを安く買える街」という認識しかありませんが。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。