ドアにはさまった荷物が取り出されるまで

2007年3月 7日(水) 08:58 | 日記

さっき武蔵境駅で、乗客の荷物がドアにはさまって車外に出たまま、電車が発車しました。駅員がこのことに気づくと、すぐに電車を止めました。
荷物がちょっとはさまった程度のことだから、一瞬ドアを開けて荷物を中に入れればすむことだと思って見ていたら、そんなに簡単なことではないみたいで。
駅員がホームを走り回ったあげく、最後には窓から駅員が車内に入り、中からドアを開けるという力技で解決しました。この間約5分。当然、この電車の後ろにはすぐ次の電車が来ていました。
こういう時って、緊急的にひとつのドアだけ開けることはできないんでしょうかね。荷物がはさまることはよくあると思うのですが、毎回こんな対応では、そりゃ中央線も遅れ放題になります。
このあたり、新車両のE233系はちゃんと対策していると思いますが。
とにかく、2~3分に1本というペースで満員電車を走らせるのは、ものすごく大変なことなんだとあらためて思いました。

コメント

私の運営するブログ(武蔵境まちブログ)でご紹介させていただきました。びっくりする話でした。当事者はある意味、凍りついちゃいますね。

このたびはご紹介いただき、ありがとうございます。
実は以前からブログを拝見させていただいていました。いつものように最新記事を見てみると、自分のブログが載っていたので驚きました。「武蔵境まちブログ」の方にもコメントを書かせていただきましたので、よろしくお願いします。
ちなみに問題が起きた場所は、三鷹駅の階段に最も近いドアで、特に混雑するところです(自分も三鷹で東西線に乗り換えるので、いつもこのドアを使用しています)
当事者の方は若い女性でしたが、まさに凍りついたような表情をしていました。本人にはそれほど非があるわけではないのに、本当にお気の毒でした。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。