ようやくVistaのインストールができた

2007年2月18日(日) 04:05 | 日記

ようやくVistaのインストールに成功しました。
長かったけれど、これで無事に30歳の誕生日が迎えられそうです。いや無事でも何でもないか。最悪の状態を脱したというだけで。
どうしてここまで苦労しなければいけなかったのか。

2つ前の日記で、ハードディスクのデータが消えた原因を書きましたが、本当の原因はもう少し違うところにありました。
データが消えたのは、僕が作ったSP4のディスクに問題があったというより、そもそもWindows2000自体に欠陥があったためでした。
ひとつ前の日記で書いた通り、2000のSP4を入れた後、なぜかVistaのDVDをうまく読み込んでくれなかったので、また最初から2000を入れ直したのですが、
「2000の正規版でインストール」→「なんかうまくいかないので、インストールやり直し」→「正規版で再フォーマット」→「あれ、またパーテーションが壊れた」
ということで、正規版のディスクを使っても、一番最初にハードディスクのデータが飛んだ時と全く同じことが起きました。つまり、Windowsのソフト自体に欠陥があったということです。
僕に落ち度があったとしたら、こうした2000の仕様を知らず、ディスクのフォーマットに踏み切ってしまったこと。マイクロソフトを過度に信用してしまったことです。

そりゃそうですよね。さすがにハードディスクが半年で壊れるなんて、あり得ない話ではないけど、いくら何でもひどすぎますからね。
つまり、マイクロソフトはPCサクセス以下ということです。いやそれは言い過ぎか。

100%自分のミスというならともかく、まさかWindowsそのものに欠陥があって、そのせいで大切なデータが消えてしまったというのは、それはそれでいたたまれない気持ちになります。
やっぱり、世の中のすべてを疑ってかかる姿勢を忘れてはいけないということですね。「何かを疑っている自分」でさえも、疑うべき対象です。
マイクロソフトの不完全な仕事と、それを愚かにも信用してしまった僕のせいで、Vistaのインストールのために膨大な時間を費やしたことから得た、あまりにも当たり前だけど、大切な教訓です。
信じられるものなんて何もない。世界は諸行無常です。

コメント

だいぶ遅れましたが受験の結果でもお伝えしたいと思います。
客観的におそらく難しいと思う大学は落ちましたが、いけるかいけないかが五分五分だと思う大学は受かることが出来ました。
世の中の大抵の大学生はこれがゴールなのかもしれません。
スタートしているのか?とつっこみたくなるかもしれませんが。
これだけが目的では勿論ありませんが自分を落とした大学を後悔させるぐらい程度の高い人間になりたいと思います。

合格おめでとうございます!

自分は運良く志望校に合格しましたが、周囲には残念ながら第一志望を落ちてしまった人もいます。
でも彼らは、今ではものすごく魅力的な生き方をしています。
大学に受かったから、あるいは落ちたからというのではなく、「今、何をするか」が大事なんですよね。
老婆心ですが、大学では「社会に出ても役に立ちそうではないようなこと」でも、勉強することをおすすめします。
どうでもいいはずの知識が、意外といろいろなところで役に立ったりするものです。
ただ、僕もそうでしたが、そのことに気づくのは、大学を出てからしばらくした後だったりするわけですが…。
クイズゲームをやっていても思いますが、知識や知恵がある人はかっこいいと思います。

ありがとうございますm(_ _)m
先日ここで述べたように私もQMAプレーヤーです。
日記を拝見した限りでは私もフォーキーさんと同じく「アニメ・ゲーム」の分野が苦手です。正解率は携帯サイトで見たところ現在50%ジャストみたいです。かなりやばいな。
しかしアニゲの問題で正解しないと1クレで遊べる時間が少なくなる可能性がかなり高くなります。
金銭的な問題もあり、なるべくたくさん遊びたいのでアニゲの問題も最近少しずつ覚えています。きっと脳は無限大、使えるだけ使おうという考えです(笑)

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。