今度のハードディスクは日立製

2007年2月17日(土) 02:01 | 日記

高尾行きの最終電車で、ついさっき家に帰ってきました。
金曜日の最終電車は悲惨ですね。今日は特にキムチのにおいがきつかった。僕はキムチという食べ物が嫌いなので、高円寺から武蔵境までの十数分はまさに拷問でした。

ハードディスク
仕事の合間に買ったハードディスク。Serial ATAの320GB。今度は日立製です。
別に日本のメーカーだからいいというわけではありません。Seagateも日立も、たぶんサムスンあたりも、実際に生産しているのはすべて中国ですから。
ただ、Maxtorのディスクは理由はどうあれ半年で壊れて、今使っているノートパソコンに入っている日立のディスクは4年近く故障なし。Seagateのディスクはデータ格納用としてすでに使用中ですが、まだ半年弱の使用歴しかなく、今後どうなるか分からない。となると、実績として最も信用度の高いのは、日立ということになります。
買ったのは、カカクコムでランキング1位のモデル。多くの人が選んでいるという事実も決め手となりました。DVDレコーダーのような電化製品と違って、ハードディスクのようなパーツは、好みで選ぶようなものではないですからね。大切なのは信頼性です。

このディスクを買った「クレバリー」という店、閉店間際に行ったのですが、レジには行列ができていました。やはり安さが魅力なんでしょうね。このハードディスクも、カカクコムにおける最低価格に近い値段で売られていましたし。320GBで1万円そこそこですから、かなりお得な買い物です。

さて、これから再びVistaをインストールして、これまで以上に快適なPC環境を構築しようと思うわけですが。
そのためには、面倒な手順を経る必要があるわけで。
まず、日立のディスクにパーテーションを作って、そこにWindows2000をインストール。
続いて、Vista Home Premiumでは読み込まないダイナミックディスクのSeagateから、いったん全データを日立に移して、それからダイナミックディスクをベーシックディスクに変換。
それが終わった段階で、やっとVistaにアップグレードできます。
もちろんVistaインストール後は、いろいろなソフトをたたき込まなければいけません。
あー面倒くさい。

まあ、明日は休みなので、のんびりやりたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。