反省

2007年1月31日(水) 23:56 | 日記

このごろ日記に書く内容が、必要以上に攻撃的になったり、必要以上に自虐的になったりする傾向があります。自覚はあるのですが、なかなかやめられないのが現状です。
まあ、これがネットに限った話であればまだいいのですが。

今日は、そんな僕の本性を、リアルに人前で出してしまいました。自分自身の心に対する攻撃性というか、端的に言えば葛藤やら悩みやらを、聞かれたわけでもないのに、場の流れにまかせて語ってしまいました。
それでも僕の話が面白ければいいのですが、おそらくそうは受け止めてもらえなかった。語る時はしゃべり方や表情に気をつけて、なるべく相手に不快な思いをさせないように努めてはいるのだけれど。

僕はエンターテイナーではないので、つまらない内容の話を、話し方や脚色で面白くする能力はありません。
別にすべての会話を面白くする必要はないし、そもそも人によって言葉の受け止め方は違うのだから、そんなことは無理です。それでも、「つまらないことを言わない」程度のことなら誰だってできるし、大人はみんな誰に言われることなくそうしてると思います。
もうすぐ30歳になるというのに、それすらまともにできなかったことを、深く反省します。

あの時僕と同席した人たちは、僕の言動について別に何とも思っていないでしょう。しかし、こうした言動の積み重ねが、無意識のうちに僕に対する評価として脳裏に残るわけです。
僕への評価が皆さんの意識の表層に現れる前に、自分の軽はずみな癖を直し、悪いイメージを早めに修正しなければ、と思います。
他人の心を覗けるわけではないので、僕の行動がどのような効果を生むのかは分かりませんが、少なくともこうした努力は、人一倍必要なんだと痛感しています。

もうすぐ30歳。時の流れは僕を待ってはくれません。少なくとも、それなりに信頼に足る大人にならなければ、社会に捨てられるだけです。
危機感を持たないと。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。