沖縄の風景

2007年1月26日(金) 00:34 | 日記

24日、那覇空港に到着。国際通りの市場で、魚を食べました。
東京あたりの魚屋ではあまり見られない、色とりどりの亜熱帯の魚たちです。
この魚を刺身にして食べたのですが、水色の魚の味は、何ともいえない独特なものでした。
カラフルな魚
目的地は名護なので、那覇からレンタカーを借りて北へ。途中で読谷村に寄り道して、世界遺産に登録されている座喜味城跡へ行きました。
ちょっと不思議な光景。ロールプレイングゲームの地図みたいな。
座喜味城跡
海も見ました。砂浜には貝やサンゴが打ち上げられていました。これで天気がよければなぁ、と思いました。
読谷村の海

名護市のホテルにチェックインし、夕食後に立ち寄ったスーパーにて。
沖縄でビールといえばこれ、「オリオンビール」です。
オリオンビール
東京でも買えないことはないのですが、キリンやサントリーなどのビールより高いことが多いうえに、東京で売られているオリオンの缶には「販売元 アサビビール」と書かれています。知らない人から見れば、オリオンはアサヒのグループ企業だと思われるかもしれません。
しかし実際は、単にアサヒがオリオンの沖縄以外における販売権を持っているだけのことで、ここ沖縄では、オリオンビールは他のメーカーといっしょに、普通に売られています。というよりオリオンがメインで、他のメーカーは隅に追いやられている状況です。価格もキリンなどより安く、種類も豊富。ビールだけでなく、発泡酒もあります。
それにしても、沖縄ではここまでオリオンビールがメジャーだったとは。正直言って驚きました。味も飲みやすくていい感じですし。

沖縄で酒といって忘れてはいけないのが泡盛。僕らが行った名護のスーパーでは、泡盛だけでひとつのコーナーが形成されていました。
泡盛の棚
いやー、分かりやすくていいですね。ちなみに僕は焼酎全般が苦手なので、泡盛はこっちに来て一度も飲んでいません。

そして25日は、2000年の沖縄サミットの会場となった「万国津梁館」へ行きました。今回の出張の目的である、某セミナーの取材です。
そこで見つけた、こんな銅像。
小渕恵三
九州・沖縄サミットの日本代表にして、二千円札の立案者。小渕さんが総理大臣をしてたのって、もう7年も前になるのか。時が経つのは早いものです。

明日も同じ場所でセミナーの取材です。土曜は休みということで、いろいろ遊びに行こうと思っていますが、天気が心配です。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。