東京の「二郎」そっくりのラーメン

2006年12月24日(日) 15:09 | 日記

06-12-24_14-15.jpg
ゲーセンへ行く前に「夢を語れ」というラーメン屋へ行きました。

初めは「天宝」という店へ行くつもりでしたが、まだオープン前でした。
次に、全国的に有名な「天天有」へ行こうと思ったら、こちらも準備中。
その隣に、2年前にはなかったはずの新しいラーメン屋ができていたので、試しに行ってみることにしました。
写真の左側に見切れている黄色いのれんが「天天有」。そのすぐ右隣が、さっき行った「夢を語れ」です。

他の人が食べている様子を見て、驚かずにはいられませんでした。
これ、東京の「二郎」そっくりじゃん。
出される直前にニンニクを入れるかどうか尋ねられるところまで。
やはり、味も新小金井街道店そっくりでした。

後で調べてみると、この店は「二郎系が京都に上陸」ということで、それなりに有名のようですね。
客もたくさん入っていました。こちらの人にも、あの濃い味が受け入れられているようです。

今、祇園を歩いています。「辻利」は相変わらず行列ができています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。