刈谷駅で名鉄三河線を待つ

2006年12月21日(木) 23:49 | 日記

4年ほど前に金山で働いていた頃は、確か実家の最寄り駅に帰れる限界が金山発23時8分ぐらいでした。
それが今や、名古屋発23時18分でも行けるようになりました。当時より15分ほど、三河線の終電が遅くなったみたいです。

便利になった半面、それだけ深夜の電車に対する需要が増えたという事実に、複雑な思いを抱かずにはいられません。
僕がいたあの会社も、以前と変わらず深夜遅くまで若者から労働力を搾取し続けているのでしょうか。

電車は、23時46分に出発しました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。