二階堂和美と西岡たかしの類似性について

2006年12月18日(月) 20:11 | 音楽

きのう買った二階堂和美さんの「また おとしましたよ」というアルバムを、今電車で聴いているのですが。
このアルバムを聴いて、五つの赤い風船を思い出したのは僕だけでしょうか。
曲ごとに表現方法が変わったり、宅録による多重録音を用いたり、何より前衛的で実験的な、深く沈んでいくようなメロディが、風船のリーダー西岡たかしさんを想起せずにはいられません。

というわけで、昔の風船サウンド、とりわけ「おとぎばなし」が好きだという方は、ぜひニカさんのアルバムを聴いてみてください。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。