いろいろと動き回ったこの週末

2006年10月30日(月) 03:13 | 日記

土曜の朝、中央線の某駅へ。バステトさんに、スカパーのチューナーを譲っていただきました。さっそく自宅に帰り、チューナーを接続。ひさびさに「フジテレビ721」が映るようになりました。本当にありがとうございました!
実際には、この後スカパーとの格闘が始まるわけですが、それは次の日記で書こうと思います。

昼は、武蔵境駅の北口にオープンした「ハナマサステーキ」で昼食。僕がよく買い物で利用する「肉のハナマサ」の隣にできた店です。
注文は食券にて。メニューはハンバーグ、ステーキ、ジンギスカン。これにライスとスープがつきます。この日はサーロインステーキを注文しました。セットで760円でした。
肉は、半分生の状態で出されます。熱くなった鉄板で、自分で焼いてから食べます。ナイフとフォークではなく、箸を使うのも特徴です。
味は、まあ値段通りと言っておきましょう。
もうひとつ言うなら、服ににおいが残ってしまう点には注意が必要です。

中央線に乗り込み、高円寺へ向かいました。
土曜日の電車は高円寺を飛ばすので、荻窪で乗り換えとなります。ところが降りるのを忘れてしまい、中野まで行ってしまいました。
ついでだからと、中野を散歩することにしました。

ひさびさに、ブロードウェイ中野へ行きました。今や「オタクの聖地」などと呼ばれているビルです。
ただ、世間で言われている印象と、僕が見た印象は少し異なります。
ビルにある個性的なショップ群が発する雰囲気は、マスコミが喧伝する「オタク」のイメージとは違います。むしろ「マニア」という言葉の方が当てはまると思いました。
つまり、各ショップがそれぞれマニアックなグッズを並べて、この中からみんなの好きなものを探してくれ、というスタンス。ショップは、好みの商品を見つけやすいようにジャンルごとに分別する程度で、それ以上の押しつけがましいことはしていないように見えます。
そのジャンルも、けっこう幅広い。漫画でも古典から萌え系までいろいろと揃ってるし、昔の特撮の本や人形や模型、アニメのセル画などお宝がいっぱい。その他の模型やフィギュア類も充実しています。
それから「ゲーム&ウォッチ」なんてのもありました。ちょっと前の日記に載せた「ドンキーコングII」が、箱付きで6000円以上で売られていました。僕が11年前に買った時は1000円だったのに。「オイルパニック」「マリオブラザーズ」あたりは、なんと2万円以上の値がついていました。
あとはCDやレコード。それぞれの店のオーナーの好みで、偏りのすさまじいラインナップを楽しむことができます。
いろいろな店を外から眺めるだけでも楽しいです。マニアの世界っていいですよね、得体の知れないパワーが渦巻いていて。

だから決してブロードウェイは、萌え系の漫画やアニメや美少女ゲーム、そっち系のコスプレの店ばかりが並ぶところではありませんのでご安心を。何がどう安心なのかは分かりませんが。

で、目的地は中野ではなく高円寺だったわけです。
駅の南にある「ライナス」というCDショップは、エレクトロニカがかなり充実しているんですよね。いろいろと買いたいCDがある中で、あまりお金に余裕がないので1枚だけ選びました。Telefon Tel Avivの「fahrenheit fair enough」というアルバムです。
「フォーキー★カーニバル」というタイトルをつけているくせに、最近はこんなのばかり聴いています。

日曜日の夕方は、いつものように井の頭公園へ。
この日記を書いた直後に出会った、ある男女二人組の演奏に、思わず足を止めてしまいました。
男性はバイオリン、女性はウクレレを弾きながら、澄んだ声で歌っていました。
高田渡の「アイスクリーム」という曲でした。
自分より若い人が、しかも女性が、渡ちゃんの歌を歌うなんて。なんだかうれしくなりました。

この公園のいいところは、ほとんどの人が生楽器で、音楽ものんびりとした曲が多いことです。現在の流行とされているものから、ちょっと外れたところにある音楽。このあたりが、都心から少し離れた吉祥寺の文化なんでしょうね。

トラックバック

どーでも動画【youtube】 - PS3?怖すぎるCM

タイトルの「PS3」って書いてあるから、ワクワクしてみたら・・。なんだコレ?・・不気味というかΣ(゜□゜)コエェーよ。もし本当のCMなら、コレでさらにPS3売上げ減りそうだ(涙

GFL BLOG|ジフルブログ - Telefon Tel Aviv ~Fahrenheit Fair Enough~

最近は年末ということもあって睡眠時間もとれないぐらい、作業に追われている状態なんですが、今週のが月曜日、札幌にデリック・メイがきていたけど、それも行けずwww 音楽聴くというよりも作業する上で、欠かせないツールとして挙げられるのが音楽。 今年はパッとするような音源がなかったので、最近は過去に聴いていた音源をDIGってます。 そんな中でも、気づいたらいつも聴いているのがTelefon Tel Avivのアルバム「Fahrenheit Fair Enough」です。 2001年に発売したアルバムですが、今聴いてもやっぱカッコイイ???!!Telefon Tel Avivは最高!!! 思えばコレを好んでクラブでPLAYしていたDJって多いよなぁ?TBHのDYEちゃんやJUN-GOLDくんも、よくPLAYしてたよな?

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。