6年ぶりぐらいの再会

2006年10月 7日(土) 15:17 | 日記

高校が同じで、卒業後もたまにあったり、手紙を書いたりしていた友達に会いました。
最後に会ったのは、確か2000年のこと。6年ぶりの再会でした。

携帯もメールアドレスも以前と変わっていたので、愛知県内にある彼の実家に手紙を送りました。
彼は、岐阜県美濃加茂市に引っ越していました。こちらに古い友人が訪ねてきたのは初めて、とのことでした。

午前8時前に、美濃太田駅で待ち合わせ。ちょっとした観光スポットとなっている美濃加茂の古い町並みを眺めた後、喫茶店へ。昔のように、とりとめのない話が始まりました。

やっぱり彼は、彼のままでした。そして、人間的に大きくなっていました。
自分の夢や目標、そのために今実行していること、考えていることを語ってくれました。その姿勢や考え方はもちろん、彼が実際に具体的な行動をしていること、その行動と経験が人脈を生んでいることに、感銘を受けました。
大学生の頃もそうでしたが、僕らが会うと、ものすごく深い話になります。心の中身をさらけ出して、おたがいの心をえぐり合うような会話をひさびさにできたのが、この上なくうれしかったです。

昼過ぎに、彼の友人がやって来ました。もちろん僕とは初対面です。
学生でありながら就職セミナーを企画しているという、彼に負けず劣らずアクティブな人でした。図らずも、こういった若い人と話をする機会を持てたことは幸運でした。

およそ6時間話しました。
今度会うのはいつになるか分かりませんが、きっと彼は僕の予想を超える、大きなことをしてくれると思います。
僕も負けないようにしなきゃ。

犬山駅にいます。小牧線に乗り換えて、名古屋市内へ向かいます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。